お役立ち

ひとり暮らしをするなら知っておきたい【防犯対策】

これからひとり暮らしを始めるというあなたに、知っておいてほしい防犯対策をご紹介。
筆者と友人の体験談も合わせてお読み下さい。

これだけはやっておきたい防犯対策

ドアスコープにカバーを付けよう。

「ドアスコープに細工をされて外から覗いたら部屋の中が丸見えだった」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、実は細工をしなくてもドアスコープから部屋の中を覗く方法があります。

詳しくは明記しませんが、友人がこの現場を見つけて通報した事がありました。
部屋の中を覗かれないために、ドアスコープにカバーをしてしまいましょう。
紙や半透明のビニールを貼れば外から見えなくなりますし、可愛く隠したいならこんなアイテムもあります。

 

ゴミ捨てに行く時もカギを閉めて

朝ゴミを捨てに行って戻ると、自分の部屋に男が入って行くのが見えて慌てて通報。
侵入者は酔って朝帰りをした隣人でした。
たかが数分の外出でも、人生何が起こるか分かりません。
私がカギさえ閉めていればお隣さんも拘置所にお泊りする事はなかったのです。
申し訳ない。

 

玄関周りの謎の暗号は消そう

これはよくありました!
今もあるのでしょうか?
表札、ドア、ポスト、良くみると小さい数字やアルファベットが書いてある事が。
空き巣のメモとかNHKの集金人のメモらしいですが、在宅時間や家族構成などの情報が書いてある様なので見つけたら消しましょう。
取り外せる表札は外して裏も確認してみて下さい。

 

ひとり暮らし事件簿

実際にあったひとり暮らし事件をご紹介。

悲しき配達員

ある日「久しぶり、覚えてる?」という電話がかかってきたのですが、絶対に知らない人だったので問い詰めたところピザの配達員でした。


ピザを配達した時に一目惚れしました好きです、と。
それはダメだろう。
会社には内緒にしておくから二度と電話をしてこないでくれと、告白を丁寧にお断り。
ちなみに彼が一目惚れしたのは、我が家に遊びに来ていた友人
配達伝票の電話番号にかけてしまったために好きでもない私に告白をしてフラれるという残念案件が発生したのでした。

 

防犯きっかけで修羅場

女性のひとり暮らしでは洗濯物を干す時に男性ものの下着を一緒に干したりすると防犯になりますよね。
玄関にも男性の靴を置いておくと防犯効果があります。
当時、なぜか彼氏ではなく男友達の靴をもらってきた友人が、軽い修羅場になっていました。
なーんで彼氏からもらわんのじゃあ…
下着や靴は、できれば恋人から調達することをオススメします。

 

防犯はするに越したことはない

いたずらに怖がる必要はありませんが、防犯はしておくに越したことはありません。
やっておけばよかった、では遅いことも。
小さな対策で防げる犯罪があります。
ぜひ簡単な防犯から始めてみて下さい😊

 

 

 

ABOUT ME
てらしー
てらしー
長野のド田舎で、娘・ハムスターと暮らすシングルマザー。 Twitter・Instagramでイラスト描いてます。