お役立ち

【まだ寒波で消耗してるの?】雪国の住人が北から目線で教える本気の寒波対策

※2018.1.23追記しました。

来週、日本列島に大寒波が襲来?!

2018年アメリカを大寒波が襲い、ロシアでは氷点下65度を記録しました。
来週は日本にも大寒波が来るようです。

 

非雪国の人、まだ寒波で消耗してた。

天気予報どおり大寒波がやってきました。

予想以上に消耗している様子😥
しかも24日にかけてさらに寒くなる予報!!

 

北から目線①もう寒波で消耗しない。

非雪国の混乱映像を観ながら雪国の住人が思った、もう寒波で消耗しない方法をご紹介します。

スノーブーツ履いたらいいのに

非雪国の積雪に関するコメントで歩き方を指導しているものが多々ありますが、どんなにペンギンスタイルで歩いたところでツルツルの靴底では歩くだけでカナリの体力と気力が消耗されますよ!

もうね、スノーブーツ履いたらいいと思います。
最近は普段使いできるようなオシャレなスノーブーツがたくさんありますし、スノーブーツの大御所SORELのカリブーシリーズの使用限界温度はなんと-40度

サクサク歩ける上に足先冷えない!!
これ履かないで何履くの?!

 

レンタルスタッドレスタイヤ借りたらいいのに

ノーマルタイヤでスリップ、事故のニュースは必ず流れますね。
分かりますよ。スタッドレスタイヤなんて使うか分からないのに持っていられませんよね。
場所も取るし、預ければお金もかかる。
かといってチェーンをつけるのは面倒くさい!!
でも運転しなきゃいけないから!

はい、スタッドレスタイヤ借りましょう。
お店によってレンタル期間、金額は様々ですが15インチのタイヤで7泊8日2万弱~3万円程で借りられるようです。
もちろん貸出中でサイズがない、なんて事もありますので早めの問い合わせをオススメします。

 

スープ持ってったらいいのに

せっかく作ったお弁当も食べるころには冷え冷え…。
必ずしも電子レンジがある環境ばかりではないですよね。
それ、スープ持っていったらいいのに。

あったかスープがあるだけでランチのテンション上がりますよ!
荷物が増えて嫌という人はスープジャーで主食を作ってみませんか?
仕事、勉強をしている間にご飯ができます。

からだを中から温めて寒波を乗り切りましょう😊

 

北から目線②もし大寒波がきたら絶対やっちゃダメTOP3

寒波のときのニュース映像やツイートを見ていると「ひー!それやっちゃダメ!」と思う事があるのでご紹介。

お湯で雪、氷を解かす

日中、長時間太陽が当たるようなところならまだ良いですが、日陰で気温が上がらないところでやると翌朝スケートリンクみたいになります。

さらに雪でも積もって氷が隠されたらトラップが完成してしまいます。
面倒ですが雪かきをしましょう。

側溝に雪を捨てる

雪かきで困るのが、どかした雪をどうするの問題。
側溝に入れちゃえば解けるでしょ!と思うでしょうが雪を解かすほどの水量がありますか?
雪国だと雪が捨てられる側溝がありますが非雪国にはおそらくないと思うのでやめておいた方がいいと思います。

雪でせき止められた水が溢れて道路を凍らせると危険です。
本当に邪魔ですが敷地内の片隅に置いておきましょう。
雪だるまでも作ってみたら少しジャマ度が下がるかもしれません。

蛇口をしっかり閉める

不凍栓などがない水道管は、蛇口をしっかり閉めてしまうと破裂する事があります。
もったいない感じがしますがポタポタと水がでるくらいには緩めておいた方が良いと思います。

凍ってしまうと大変なので、予防法も知っておくと良いです。
↓↓おすすめサイト様

水道が凍結してしまい水が出ないときの対処法と予防法

 

 

突然の降雪や寒さに慣れていない非雪国の方は大変だと思いますが、出来るだけ消耗せずに寒波をやり過ごしていただきたいと思います。

以上、雪国の住人より愛をこめて😊

ABOUT ME
てらしー
てらしー
長野のド田舎で、娘・ハムスターと暮らすシングルマザー。 Twitter・Instagramでイラスト描いてます。