ハムスター

🐹老ハムスターとの生活と別れ

老ハムスターとの生活

老ハムスターとの生活は毎日ヒヤリの連続。

てらしー
てらしー
きなこー…

おはよー…

…うおぃ!!
生きてる!?

 

きなこ
きなこ
…ピィ…(寝息)

 

てらしー
てらしー
ああ…

生きてる…

良かった涙

 

生存確認エブリデイ。ツラタン。

 

病気になって2ヶ月。
この2ヶ月でずいぶん衰弱して、一気に老化も進んだんですよね。

2歩あるいては転び、ペレットをかじりながらウトウト。
体もどんどん痩せて、触ると骨を感じるように。

起きているより寝ている時間の方が長くなり、回し車に乗る事もなくなりました。

9月の2歳の誕生日まで生きられるだろうか…

そろそろ覚悟を決めないといけないんだろうかと思っていた矢先、別れは突然にやってきました。

 

別れは突然に

いつものようにケージの中でうずくまっているきなこ。

てらしー
てらしー
おーい、

きなこさんや。

おはよう…

 

指先に感じる冷たさで、きなこがもう目を覚まさない事を悟ります。

もうそこからは号泣ですよ。

娘と大号泣。

なんなら今も書きながら思い出し泣きです。

2歳の誕生日は何してあげようかなーなんて思ってたんですよね。

それが突然埋葬場所を考えなきゃいけないなんて。

 

埋葬場所は実家に頼ろうと、泣きながら母に電話。

おかん
おかん
何!?泣いてんの!?

あらー、ハムちゃんが…

そりゃ残念だったね。
どこにでも好きなとこに埋めてやって。

 

母の許可を頂いて実家の桜の木の根元にお墓を作らせてもらうことにしました。

 

最後にちゃんと顔を見ようと抱きあげると…

てらしー
てらしー
ペレット咥えとるやんけ!

 

ペレット半分、口から出てる。

いつものようにモグモグしながら眠って、そのまま逝ったんでしょうね。

くいしんぼうの彼女らしくて笑いましたよ。
泣きながら。

きなこがウチに初めて来た日が昨日の事のようによみがえります。

マジ走馬灯やべぇ。

死なれた方も思い出が駆け巡るもんなんですね。

小さな家族との別れで開いた大きな穴が埋まるには、まだ時間がかかりそう。

きなこ、うちに来てくれてありがとう。
またいつか会おう。

1年10ヶ月分の感謝と愛を込めて。

ABOUT ME
てらしー
てらしー
長野のド田舎で、娘・ハムスターと暮らすシングルマザー。 Twitter・Instagramでイラスト描いてます。