おすすめ

ワクワクが止まらない!世界地図絵本【MAPS】の楽しみ方

大きな大きな世界地図絵本MAPS(マップス)

世界42か国イラストにしてギュッと閉じ込めた、読み応えのある絵本です!

この巨大な絵本の魅力と、我が家流の楽しみ方をシェアします!

超大型地図絵本MAPS(マップス)とは

とにかく大きな世界地図絵本MAPS(マップス)

世界の名所や、名産品を、イラストで楽しく知ることができます。

小さな子供向けの可愛らしいイラストではないので、大人も一緒に楽しめる絵本です!

MAPSの魅力を詳しくご紹介します!

とにかくデカいよ!MAPS

MAPSはとにかく大きな地図絵本です。

MAPS:筆者撮影

4才の娘が両手で抱えてやっと運べる大きさの絵本なんて、なかなかないですよね(笑)。

大きさを測ってみたところ、

縦37.7cm
横28.4cm
重さ1.35kg
(てらしー調べ)

てらしー

絵本の重さじゃねぇ

ページ数はボリューム満点の105ページ!!

絵本の最後には、4ページにわたって世界の国旗のイラストが描かれています。国旗好きの子どもにはたまらないですよね!

MAPSは紙の質感がいい!

新しいのに、なんとも風合いのあるこの紙の色。

昔から我が家にある古い地図のような質感がたまりません。

イラストを指でなぞったり、触れながら見ることが多いMAPS。ざらついた紙に触れる手のひらが、なんともいえない心地よさです。

厚い紙なので、めくるたびに良い音がするのも好きなところ。

MAPSは描き込み量が半端ない

この大きな絵本の中に、42か国の情報がギッシリ詰まっています。

言語民族衣装食べ物観光地歴史楽器スポーツ動物などなど。

描き込み量が半端ないので、隅から隅まで見ようと思ったらめちゃくちゃ時間が必要です。

MAPSの説明:筆者撮影

しかも「4000点以上のイラストに一つとして同じものはない」、って言うんだからスゴイ!!

同じ『ヒグマ』を描くにしても、コピーじゃなくて一頭一頭描いているんだそうですよ。

そんなこと聞いたら、もちろんヒグマ探しが始まります。

ムスメ

ヒグマ…ヒグマっと……

いた!ホントだ!ちょっと違う……

かも!!

細かく描かれたイラストで、世界の国の文化や特徴を知ることができるので、地理の勉強にもなりますよ!

作者はこんな人たち

この大作絵本の作者は、こちらのお二人。

MAPS新・世界図絵より

ポーランドの絵本作家夫婦!素敵!

2人で世界を旅して、3年かけて完成させたんだとか。

発売当初はあまり売れなかったそうですが、今やMAPSは30言語以上に翻訳されて、累計300万部を超えるベストセラーになっています!

【楽しみ方】MAPS×GoogleEarthで遊ぼう

我が家の定番の遊び方をご紹介。

MAPSをワイワイ言いながら眺めた後、GoogleEarthでプチ旅行に出かけます。

今日は娘のお気に入り、モロッコを検索!!

モロッコに到着です。

ムスメ

ほほぉ……

ここがモロッコ……

茶色いね

MAPSとPC:筆者撮影

この日はモロッコの海が見たいと言うので、海沿いのストリートビューポイントを探します。

ムスメ

同じ木があるじゃん!!

は!ここじゃん!

リアクション最高かよ。

極寒の長野にいながら、アフリカ大陸を散歩。

この遊び、地味だけどかなり楽しいのでオススメです!!

天気が悪くて家から出たくない時なんか最高。
マジ最高。

てらしー

ありがとう、GoogleEarth

MAPSシリーズで、室内にいながら世界を旅しましょう!!

ABOUT ME
てらしー
長野のド田舎で、娘と暮らすシングルマザー。 ひとり親家庭からお役立ち情報を発信!